事業のご案内

倉吉市ボランティアセンター

ボランティアセンターの活動内容

情報提供

 社協広報紙「しあわせ」や、「ホームページ」で情報提供をします。

ボランティア紹介

 ボランティア活動をしたい人には活動の場を、ボランティアを必要とする人には、ボランティアを紹介します。

関連団体の相互協力と支援

 市内施設・団体、学校などがお互いに連絡をとり、よりよい地域社会づくりができるように連絡・調整をします。また、社会貢献、地域貢献活動を行っている事業所に対しても協力しています。

中国電力株式会社
倉吉営業所
鳥取県電気工事業工業組合
倉吉支部青年部
鳥取県電気工事業工業組合
高齢者世帯屋内電気設備点検
各種講座・研修会の開催

各種講座・研修会はこちら

第1回ボランティアミニ体験 『第1回ボランティアミニ体験』
車いす体験を通して、介助する側・される側の気持ちを実感し、
介助する際注意しなければならないことを学びました。
シニアボランティアスクール 『シニアボランティアスクール』
講義・演習を通して、コミュニケーションをはかる上で、大切な
知識や技術を学びました。
託児ボランティア養成講座 『託児ボランティア養成講座』(全3回)
活動の実践につながるよう、講義・実技・実習を通して、
託児ボランティアについてのこころがまえや知識を学びました。
第2回ボランティアミニ体験 『第2回ボランティアミニ体験』
精神障がいのある方の特性やコミュニケーションのとり方を
学ぶとともに、ラージボール等の交流をとおして障がいについて
の理解を深めました。
ボランティア機材・用具・資料図書の貸し出し
 《ボランティア機材》

  点字板、白杖、アイマスク

 《資料図書》

 ビデオ、本

ボランティア保険加入促進

 ボランティア活動中の事故に備えて保険加入の受付を行っています。

 〇ボランティア活動保険

 〇ボランティア行事用保険

ボランティアってなあに?

 ボランティア活動は、誰もが人間らしく豊かに暮らしていける社会を目指し、それぞれ自分の身近なところで、日々の生活の中でできることを考え、自発的に行動することです。

ボランティア5原則
5原則

自主性・主体性
 誰かから強制されるとか、義務として活動するのではなく、あなた自身から「やりたい!」という気持ちをもって行うのが、ボランティア活動です。

社会性・連帯性
 誰もがいきいきと豊かに暮らしていけるように、みんなで支え合い、また、ともに学び合うのがボランティア活動です。

継続性
 「継続は力なり」と言葉にもあるように、活動を続ける事が大切です。自分に合った計画を立てて、持続性をもって活動しましょう。

無償性・無給性
 報酬を目当てに行うのがボランティア活動ではありません。お金では得られない、人との出会いや発見、そしてさまざまな感動や喜びを得ることができるのが、ボランティア活動です。

先駆性・開拓性
 今、私たちの住む社会で何が必要とされているのかを考え、さまざまな視点から活動を見直し進めていくことが大切です。つまり、よりよい社会を自分たちの力と手で創るのが、ボランティア活動です。

ボランティアの10のこころがまえ

 ボランティアをする時には、自分ができることから以下のことに気をつけて活動しましょう。

1 自分にあった身近なことから始めましょう。
2 相手の気持ちを大切にしましょう。
3 無理をしないで続けましょう。
4 約束・秘密を守りましょう。
5 活動にけじめをつけましょう。
6 まわりの理解と協力を得ておきましょう。
7 学習を大切にしましょう。
8 謙虚でありましょう。
9 社会資源の利用、他のグループ・関係機関と連携をとりましょう。
10 安全対策に充分配慮しましょう。

ボランティアをしたい

 ボランティアをしたい方は、「ボランティア登録カード」により、センターまで登録してください。その際にはボランティア活動保険に加入していただきます。

「ボランティア登録カード(個人)」はこちら

「ボランティア登録カード(グループ)」はこちら

ボランティアを募集(ボランティアをしてほしい)

 ボランティアを募集したい方は、「ボランティアニーズカード」により、センターまで登録してください。(ファックス可)

ボランティアニーズカードはこちらから

ボランティアを募集しています!!

短期募集情報
 現在募集情報はありません。

長期募集情報
 現在募集情報はありません。

ボランティアグループ

 倉吉市内のボランティアグループを紹介します。

ボランティアグループ活動内容

NPO団体紹介

倉吉市内のNPO・市民活動団体一覧表

倉吉市ボランティア連絡協議会紹介

倉吉市ボランティア連絡協議会ってどんな会?

 ボランティア活動実践者やグループが交流を深め、情報交換をし、地域の福祉の発展のために協力し活動をしています。
現在の会員数は16のボランティアグループが加入しておられます。会員には、ボランティア助成金情報やボランティア情報誌の提供、各種講座の案内などを行っています。

『ボランティア交流会』
そば打ち体験をしました。 倉吉市高齢者生活福祉センターで
交流を行いました。